なりたい自分になるために深く考える

 

 

こどもの頃将来こうなりたい

 

 

例えば

 

 

電車の車掌さんになりたい

 

 

絵描きさんになりたい

 

 

お花屋さんになりたい

 

 

野球選手になりたい

 

 

アイドルになりたい

 

などなど、幼稚園や小学校で書いたり自分で言ってみたりしませんでしたか?

 

 

自分で書きながら懐かしくなってきました。

 

 

当時の私は電車がとても好きだったので、なりたいことは電車の車掌さんでした。

 

 

だからといってその為に何か取組んだり、調べることもなく

 

 

いつの間にか電車の車掌になりたい自分はいなくなっていました。

 

 

夢物語をただ想像しているだけで

 

 

いつかはなりたい自分になっているとぼんやり思っていたのかもしれません。

 

 

それからはアッという間に社会人になり

 

 

なんの志しや目標もなく、なんの疑問も持たず

 

 

ただただ、周りが就職しているからとなんとなく就職し

 

 

せっせと仕事して、適当に休んでまた仕事して

 

 

仕事がイヤになったら転職し、また辞めてと繰り返し・・・

 

 

気づいたらこんなルーティンを数十年続けてきました。

 

 

ただこんな私でも、家族を持ち一家の主となりました。

 

 

さすがにしっかりしなくてはとの気持ちになり

 

 

したくも無い資格取得の為勉強し始めたり

 

 

脳が一番スッキリして活動的で良いと知ってからは

 

 

出来るだけ朝活するようになり

 

 

明らかに仕事に対しての取組みや考えが変わりました。

 

 

それから数年すると部下を持つようになり

 

 

ちょっぴり年収も上がり役職も自然とついてきました。

 

 

それに対しては率直に嬉しかったですね。

 

 

ここまでのお話の中では明らかに

 

 

なりたい自分ではなく

 

 

ならないといけない現実に合わせた結果でありました。

 

 

さて前置きが長くなりましたが

 

 

ここからは、なりたい自分になるために向けて掘り下げていきますね

 

 

私と、今これから変わろうとしておられるあなたにも大切なお話になります。

 

 

ぜひ読み進めて下さい。

 

 

なりたい自分になるためには、まずは今後どのように生きて行きたいのか

 

 

明確にする必要があります。

 

 

私の場合はアフィリエイトビジネスで成功し経済的に自由になる

 

 

ただこのひとつの目標であり、なりたい自分です。

 

 

なりたい自分になった具体的な日常のイメージです。

 

 

妄想ではありません。これを日常にします。

 

 

朝はゆっくり好きな時間に起きてカフェタイムです。

 

 

 

 

経済的に自由になれば、会社に行く義務がなくなります。

 

 

すると何時に会社に行くという義務もなくなり

 

 

時間も自由になります。

 

 

カフェタイムを過ごしたら少し仕事します。

 

 

時間にしてそうですね、お昼前までくらいでしょうか。

 

 

 

 

仕事をすましたら、もうお昼ですが

 

 

先程、朝食をしたとこなので少しドライブしてみます

 

 

行先は車を少し走らせて海でも行きましょうか

 

 

 

 

海でゆっくりしたら、遅めのランチです。

 

 

天気もいいのでバーベキューにします。

 

 

 

 

お腹がいっぱいになりました。

 

 

眠くなってきたので

 

 

少しお昼寝することにします。

 

 

 

 

いかがだったでしょうか

 

 

経済的に自由になれば

 

 

今まで自分の周りに取り巻いていた様々な義務から解放されます

 

 

何の義務もない日々

 

 

好きな時間に起きて、好きな時間に休んで

 

 

毎日が夏休みです。義務がないので365連休です。

 

 

実際にアフィリエイトビジネスに成功された方々は

 

 

これらの自由を手にされています。

 

 

私もこれらの自由を現実にするために=なりたい自分になるために

 

 

歩みを進めて行っています。

 

 

ただ、こころに留めておかないといけないのは

 

 

これらの現実を手にする為には

 

 

何が何でも成功させる必要があります。

 

 

ただがむしゃらに取組んで行くのではなく

 

 

やるべきことが何かを明確にして淡々と冷静に努めることです。

 

 

その中には感情を取り込むべきではありません

 

 

淡々と正しい方法で継続していくと次第に

 

 

ちらほら結果が出始めてはくるのでしょうが

 

 

あくまで自分の最終的目的地のゴールまでは

 

 

一喜一憂しないでおこうとマインドセットしています。

 

 

喜びを爆発させるのは、最終目的地に着いてからのお楽しみとしておきます。

 

 

最後にこんな言葉をこころに留めたいと思います。

 

『未来とは、今である』 目の前のことに全力をつくす

 

by マーガレット・ミード

 

夢やチャレンジすることに対して、何か閉塞的で保守的な社会の風潮ではありますが

 

 

ブレないこころと気持ちを糧に、これからも取組んで行きたいものです。

 

 

この記事が役に立ったと思っていただけたらクリックをお願いします。


アフィリエイトランキング