人のせいにするのはやめて自分を変える方法

 

 

うまくいかないこと、困難なこと。

 

 

こんな時に自分のことは差し置いて人のせいにはしていませんか?

 

 

こう切り出しましたが

 

 

私も以前までは色々とうまくいかないことは人のせいにしていました。

 

 

人のせいにすると一時ですが自分が楽になります。

 

 

愚痴や不平不満を吐き出すことで精神安定を図る。まさに劇薬です。

 

 

では普段どんなことで人のせいにしてしまうのでしょうか。

 

 

いくつか挙げてみます。

 

・給料が低く不満があり、低賃金でいることを会社のせいにする。

 

 

・景気が悪く、生活水準が上がらないのは政治のせいと国のせいにする。

 

 

・経済的に苦しい家庭に育ち、良い教育を受けられず家庭環境のせいにする。

 

 

・自分のやるべき事を理解していない。行動もしないが自分の失敗は人のせいする。

 

 

・間違った方法での取組みだが、うまくいかない時は教材やツールのせいにする。

 

 

自身の収入に対しての不満を会社や国のせいにする。

 

 

こういった人の特徴としては、視野が狭く自分に原因がある事実に気づいていない。

 

 

気づく努力や行動もしない人が大半です。

 

 

同じような境遇の人達で周囲を固めて同調し

 

 

一時の精神安定を求めて、愚痴言い合いの飲み会です。

 

 

 

 

収入が低ければ、もっと収入を得られる方法を調べ考えればいいだけです。

 

 

そういった努力や行動も起こさず、ひたすら愚痴と不平不満を並べる。

 

 

ある程度ぶちまけたら、気が済むのでまた日常へと帰っていく。

 

 

無限ループで、思考停止状態です。

 

 

生産性はゼロで、現状維持なのはうなづけますね。

 

 

経済的に苦しい家庭環境であれば生活するだけで精一杯で

 

 

教育にお金をかけることなんて出来ない。

 

 

生活もままならない状態であれば致し方無いことではあります。

 

 

でも、教育にお金をかけられる家庭環境で

 

 

良い高校に入り、良い大学に入れば良い会社に入れる。

 

 

みんながみんな、必ずしもそうではありませんよね。

 

 

人間関係や、周囲の関係に馴染めずに就職すら出来ず

 

 

東大卒でも、コンビニバイトや非正規雇用に流れつく方もいます。

 

 

成人するまで家庭環境に難があったり、両親がいなくて施設で育ったり

 

 

こういった中で育った方でも、その後自身の大変な努力により

 

 

立派な経営者や著名になった方はごまんといます。

 

 

結局のところ、成功する人は周囲の環境が困難であっても

 

 

強い気持ちと行動力がありますので、やがてそれらが派生し信用となります。

 

 

すると、人とお金が自然と集まり成功されるのです。

 

 

次は、私の経験をお話して行こうと思います。

 

 

それぞれの業種がありますので一概には言えませんが

 

 

良ければ読み進めて下さいね。

 

 

とあるプロジェクトがありました。完成までは約1年ほど要しました。

 

 

その間に沢山の人が関わりました。

 

 

発注形態を簡単に説明しますと以下になります。

 

 

発注者→元請会社→パートナー会社(私の会社)→パートナー会社や代理店

 

 

 

 

こういった発注形態なのですが

 

 

発注者は元請会社にプロジェクト自体を一任しています。

 

 

よって、このプロジェクトの全責任は元請会社が負うこととなります。

 

 

ただそれは形式上であり、実際は丸投げが横行しているのが現状です。

 

 

本来であれば元請会社、パートナー会社、代理店にはぞれぞれの案件の範疇があり

 

 

その範疇の中で業務を行い、各所からの最終チェックを受けて最終納品となります。

 

 

ひとつの案件に対して

 

 

良質で発注者の満足いく商品を納品するには、各所での協力や尽力がマストです。

 

 

元請会社がこういった協力の姿勢があれば、割とプロジェクトは順調に進むものですが

 

 

いい加減で、何でも人のせいにする人が元請会社の担当であれば最悪です。

 

 

対会社同士での立ち位置を利用し、執拗に圧力をかけてきますし

 

 

本来は元請会社の範疇の仕事であっても、面倒なことは丸投げしてきます。

 

 

対して、数少ないですが仕事に対してプライドがあり周囲に気を配れる方は

 

 

自分のやるべき事をしっかりと理解した上で仕事をしておられるので

 

 

面倒なことは下に押しつけて、丸投げなんてことは有り得ません。

 

 

こういった方と仕事が出来れば、おのずと良い結果にもなりますし

 

 

お互いWIN WINになるのですが、現実は前者が大半なので距離感を適度に保ち

 

 

こちらの主張すべきことは主張して、相手のペースにされないように心掛けています。

 

 

 

 

自分の意志で決めたことや、始めたこと。

 

 

例えば、ネットビジネスや投資などを独学で始めたときに

 

 

最初は誰でも手探りでわからないことばかりですよね。

 

 

世の中は情報自体が飽和状態で、特にインターネットでの情報収集は

 

 

平然とウソや詐欺まがいの情報が多くありますし

 

 

何が真実なのかを見極めるのがとても難しいです。

 

 

そんな中で、”これだ”と自分で思った教材やツールを手にして取組むのですが

 

 

やはり、始めのうちはうまくいかないことや困難はつきものです。

 

 

正しい継続が必要で、何でもすぐには成果は出ないのも分かってはいるのですが

 

 

つい、こんな風な気持ちにはなりませんか?

 

 

何だこの教材。

 

高いだけで初心者にわかりづらいし、具体的な手順も書いてないじゃないか

 

もしかして詐欺なんかじゃないか。全然稼げないし

 

 

自分では、正しい手順で進めているつもりですが、果たしてこの作業は本当に正しいのか

 

 

間違っているのかも明確に理解出来ていない時や、とにかく何かのせいにしたい時は

 

 

こういったマインドになりがちです。

 

 

でも考えてみて下さい。

 

 

何か始めたのも、その始めた事に対していち早く自分のモノにする為に

 

 

教材やツールを選び買ったのも、最終的には自分で決めたことですよね。

 

 

時には、詐欺まがいの教材やツールを掴まされることもあります。

 

 

詐欺まがいする方が悪いのは一目瞭然ですが

 

 

ただ、それはそれで自分の見極める目がまだ未熟だったということです。

 

 

こんな言葉がありあす。

 

 

成功できる人っていうのは、「思い通りに行かない事が起きるのはあたりまえ」

 

という前提を持って挑戦している。

 

by トーマス・エジソン

 

 

色んなことを人のせいにして生きていると楽です。

 

 

なぜなら、トラブルや困り事があっても考える必要がありませんから。

 

 

適当に文句を言ってやり過ごせればいいのです。

 

 

ただ、人としての成長が今後もありませんから信用を得ることもありませんし

 

 

何者にもなれず一生を終えることでしょう。

 

 

それはそれで、その人達の生き方ですから否定はしません。

 

 

少なくとも、自分の人生を豊かにするためには信用を得ることがとても重要です。

 

 

何か事ある度、人のせいにする前に

 

 

まずは自分の行動をひとつずつ振り返ってみることから始めることです。