失敗してもいい!言い訳しないでとりあえずやってみる

 

始めて取組む仕事や、今まで経験したことのない事。

 

 

これらの新しくチャレンジしようとした時に、多くの人が抱く感情があります。

 

 

もしかしたら、あなたにも思いあたる節があるかもしれませんね。

 

 

失敗したらどうしよう・・・

 

 

この方法で大丈夫なのかな・・・

 

 

失敗して迷惑かけてしまわないかな・・・

 

 

このようにどんどんとネガティブな思考に陥ってしまい、足がすくんでしまって・・・

 

 

どうにかしてやらない言い訳で自分自身を支配していまい

 

 

その結果、結局何もしないという結論に至ってしまいます。

 

 

物事を難しくしてしまうのはいつも自分です。

 

 

今回は、言い訳ばかりが先行して何もしない人と

 

 

失敗を恐れずにガンガン突き進む人の違いについて話をして行こう思います。

 

 

良ければお付き合い下さいね。

 

失敗を恐れない人の特徴とは

 

・目的意識が明確にある

 

失敗を恐れることなく、視野が広く目先のことに捉われない。

 

成功の過程に失敗があるというマインドで、小さな失敗は些細な事と捉え

 

その先にある大きな目標や目的が明確にある。

 

やるべきことと、やらなくていいことの切り分けが明確に出来る

 

 

・他人からどう思われてるかなど気にしない

 

自分の中で価値観が確立されていて、他人からの評価や意見を重視していない。

 

他人からどう言われようとも気にしない。個々の性格もありますが

 

他人からの評価に疲れて、あえて気にしないようにしている人もいます。

 

 

・コツコツと継続して取組むことが出来る

 

自分に言い訳をしないで、まずは自分の出来ることから始めるのを心得ている。

 

作業をタスク化し、習慣づけることにより継続を維持することが出来る。

 

正しい継続と努力の方法を、失敗と成功を繰り返し身につけている

 

 

・向上心があり、現状に満足しない

 

多くの人はリスクを負いたくないので、現状維持に比重を置きます。

 

同調圧力もあり、常に周囲と同じでないといけないと考えてしまいます。

 

それでは、向上するどころか場合によれば衰退して行くのは目に見えています。

 

それとは真逆に、成功し続ける人は常に学びを続け現状に甘んじることなく

 

向上心をもって物事に取組むことが出来ます。

 

 

・リスクマネジメントが出来る

 

将来的に起こり得るかもしれないリスクを想定し、現にリスクが起こった場合の

 

損害を最小限に抑える為の対策を講じることが出来ます。

 

特徴としては、事前にリスク回避するための処置と、起こった際の保障の

 

二つの役割を担います。

 

 

言い訳ばかりで何もしない人の特徴とは

 

・失敗を過度に気にしてしまう

 

初めて取組む事に対して、失敗を恐れてやってもいないのに

 

まず出来ないと結論づけてしまう。

 

失敗したら、周りの評価や視線が気になり足がすくんでしまう。

 

そもそも失敗することが恥ずかしいというマインドである。

 

 

・他人の意見に振り回される

 

自分の価値観が定まっていないので、自分の意志が無く

 

他人の意見に依存してしまい、色々な意見に振り回されてしまう。

 

その結果、うまくいかない時はヒトやモノのせいにしてしまう。

 

 

・プライドが高く傷つことを恐れる

 

プライドが高い人は自己愛が強く、自分が傷つくことは許せません。

 

常に自分は、誰かよりは上というマインドの為

 

もしも、自分以外の人が自分より何かの能力に長けていると

 

負けてしまうのではないかと、恐怖に陥ってリスク回避に講じて

 

何もしないとの結論に至ります。

 

もうひとつ言うと、自己愛が強いがゆえに自分の事しか考えれませんので

 

周囲の人への気遣いなども皆無です。

 

 

・自己評価が低くて自信が持てない

 

仕事で言えば、あの仕事は自信を持って取組むことが出来て

 

結果についても可視化出来るほど理解を深めている。

 

このように、経験や実績があれば多少なりと自信をもって

 

取組むことが出来るのですが、自己評価が低い人は過去に出来ていたことも

 

そもそも自信がないので、ネガティブに物事を捉えがちです。

 

 

・行動すること自体が億劫になり、行動より言い訳が先行する

 

口癖のようにこのように言います。

 

あの人は元々学歴もあって頭もいいから成功しているんだ

 

僕と違って天才肌なのでそもそも頭の構造から違う

 

リスクを背負うよりは、安定していたい

 

やったことがないから出来ると思えない

 

彼は僕よりも家柄が良く、経済的にも余裕があるのでそもそもそこから違う

 

 

いかがだったでしょうか。

 

失敗を恐れない人と、言い訳ばかりで何もしない人の特徴をお話してみました。

 

結論から言いますと、失敗を恐れて行動をいつまでも起こさないでいると

 

行動を起こす事で人生を変える可能性やチャンスを自ら無くしてしまう事を意味します。

 

逆に、行動を起こしてコツコツと正しい継続していく事で人生を変える可能性やチャンスが広がる事も事実です。

 

どちらを選択するか、そして決断するかは自分次第ということだとは思いますが

 

どうせならやらないよりは一度は全力で取り組んでみてから、あとの事は考えてみてもいいと思います。

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。