貧乏暇なしなんて思わず稼ぐ方法を考えませんか

 

 

毎日、毎日、他人の会社を儲けさせる為にせっせと働いても

 

 

貰える給料は一か月をやり過ごすほどで、その月によれば赤字なんてことも・・・

 

 

買い物行けばいつも値段とにらめっこして、本当はあれやこれや欲しいけれど

 

 

結局今日も妥協して、とりあえずひとつだけ買うみたいな。

 

 

雇われの働き方であれば大半のかたはこれが現実ですよね。

 

 

するとこんな声が聞こえてきそうです。

 

そうは言ってもみんなそうじゃないの?

 

 

会社に雇われて給料貰えるだけましだよ

 

 

みんな思うことはあるけれど我慢して働いているんだよ。それが仕事というもの

 

 

このようにご自身で納得されていて、今後も特に現状を変えるお気持ちがない方は

 

 

この先のお話は時間の無駄となりますので、このままページを閉じて頂いて大丈夫です。

 

 

これから少しでも人生を好転させたい。会社に頼らず稼ぎたい。

 

 

このようなお気持ちがあるかたはこのまま読み進めて下さいね。

 

 

さて、前置きが長くなりましたが進めますね。

 

 

あなたはこんな言葉を聞いたことがありますか?

 

 

おそらく一度くらいは聞いたことがあるかもしれませんね。

 

 

”貧乏暇なし”

 

貧乏をしていると生活に追われて朝から晩まで働かなければならず

 

ほかのことをする余裕がないということ

 

 

では、何故貧乏になるのか。

 

 

結論からいいますと、そもそもこの社会は長時間労働低賃金であって

 

 

働いても、働いても貧乏になるようにできています。

 

 

その理由は以下です。

 

 

世の中には2種類のタイプが存在します。

 

 

人を動かす人=経営者

 

 

人から動かされる人=従業員

 

 

経営者は従業員をいかに安い給与でこき使えるかどうかが肝で

 

 

それによって企業の成長が大きく左右されるからなのです。

 

 

 

 

経営者というのは、基本的に自分が働かなくても儲けられる仕組みを持っています。

 

 

要するに、自分の代わりに歯車である従業員がせっせと外で営業してくれて

 

 

お金を稼いできてくれるからです。

 

 

そのせっせと働いてくれる人達には当然ですが、給与が発生します。

 

 

会社の儲け=利益は、単純計算で売上-経費=利益

 

 

従業員の給与は経費になりますから

 

 

当然この経費を抑えられればその分利益が増えます。

 

 

 

 

よって、いかに安い給与でこき使えるかを考えるわけです。

 

 

自分の会社ですから、誰もが儲けたいですよね。

 

 

経営者なら誰もがこのように考えるは当然です。

 

 

従業員は雇われの働き方であり、会社という他者依存ですので

 

 

収入面は全面的に会社に握られています。

 

 

 

 

サラリーマンは会社によりますが、昇給や公的資格取得などで給与アップもありますが

 

 

せいぜい5,000円〜10,000円てとこが関の山です。

 

 

年間にして、60,000円〜120,000円程給料が上がったとこで

 

 

生活が楽になるとは言えませんよね。

 

 

つまり、雇われの働き方は働いても働いても

 

 

いつまでも貧乏になるような仕組みになっているのです。

 

 

 

 

ここまで真剣に読み進めて下さったあなたならもうお分かりですよね?

 

 

そうです。そこから抜け出す為には

 

 

会社に頼らず自分で稼ぐ力が必要ということです。

 

 

世の中はお金がないと楽しめないようになっています。

 

 

逆にお金があれば楽しめるようになっていますので

 

 

お金だけの理由で諦めていた、様々なことにもチャレンジ出来るようになります。

 

 

ですので、”貧乏暇なし”なんて言っている時間が無駄なのです。

 

 

毎日、30分や1時間でも継続してビジネスを学び実践すれば

 

 

誰にでも経済的に成功出来る可能性はあります。

 

 

経済的に成功という定義は人それぞれですが、身近な目標として

 

 

今のご自身の年収。若しくはそれ以上の年収を自分の力で稼ぐことが出来れば

 

 

それはそれで、経済的に成功したと言えるのかもしれませんね。

 

 

あなたにできること、あるいはできると夢見ていることがあれば

 

今すぐ始めなさい。

 

向こう見ずは天才であり、力であり、魔法です。

 

by ゲーテ

 

 

世の中の100人中99人は行動を起こしません。

 

 

100人中のたった1人が行動し成功を収めています。

 

 

これが日本の働く人達の現状です。

 

 

一度きりの人生です。

 

 

このたった1人なって、経済的な成功を目指してみてもいいのかもしれません。

 

 

今日も最後まで読んで下さりありがとうございました。