ネットビジネスを継続して得た気づきとは

 

常日頃思うのですが、何事も辞めるより継続する事の方が何倍も大変で難しいと痛感しています。

 

自分という気まぐれで、気分の浮き沈みが激しい人物をコントロールする事は容易いことではありません。

 

ただその中でも、何とかまがいなりにも継続していけております。

 

その中で私なりに分かった、4つの事について今日はお伝えします。

 

最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

 

 

まずは数分でもいいからデスクに向かってみる

私を含め多くの人がそうであるように、人間は常に楽したい生き物です。

 

ちょっとでも隙があるものなら少し休憩、あと5分だけ、あと30分だけ

 

気が付いた頃には1時間が経過していて・・・

 

リビングのソファーに座ったもんならもう最後です。なかなかそこから離れられません。

 

ただこんな事ばかりしていては、一向に作業も進みませんし目標が遠ざかる一方です。

 

仕事も遊びでもそうですが、メリハリを持ってやるということは大切です。

 

シンプルにやる時はやる!遊ぶ時は遊ぶ!これだけの事です。その中で考えました。

 

どうすれば作業が日常的になるのかと

 

そこで思ったのが、習慣にすることですね。今流行りの言葉でルーティンともいいますか

 

何事も始めて間もない頃は、新鮮ですので割と3日や1週間程は続くものですが

 

数日経つと、少しずつ行き詰ったり壁にぶち当たるとイヤになったり諦めてしまって

 

場合によれば辞めてしまうなんてこともありますよね。

 

そこで、継続していくには習慣にすると良いです。

 

何故習慣にすればいいのかと言いますと、ここで普段の生活を思い出してみて下さい。

 

朝起きたら顔を洗って、歯を磨いて、朝食をとって身支度して

 

人によりましたら、ストレッチや軽く筋トレしたりなど

 

このように習慣にしておけば、無意識な行動ですので、そう苦にはならないと思います。

 

その一貫として、まずは毎日デスクに向かい作業の体制をとるようにしてみましょう。

 

普段の仕事でもそうですが、デスクに向かえば仕事モードに切り替わりますよね。

 

習慣になるまでは、とりあえず毎日デスクに向かってみる。

 

まずは、この事から始めてみるのも継続には効果的です。

 

やる作業を予め決めておく

毎日デスクに向かう事が習慣になれば、次に重要なのはその日、その日の作業を

 

予め決めておくことです。デスクに向かってから、作業を考えていては作業着手するまでに多くの時間を要してしまいます。

 

それに、すぐに着手出来なければ、せっかく作業に充てようと時間を確保していたのですから本末転倒です。

 

そこで、作業予定を予め決めておきます。

 

作業の大枠でも、予め決めておくとすぐに作業に取り掛かる事が出来ますので

 

結果的には、時間を有効に使えて生産性があると感じます。

 

昔からの格言で”段取り8分の仕事2分”と言いますが、実際に実践すると頷けます。

 

その日の作業を、頭の中でイメージしておくのもいいですが、時間が経ってしまえば忘れてしまう恐れがあります。

 

よって、ノートなどに箇条書きでも良いので書き留めておくといいでしょう。

 

今は、手元にスマートフォンやタブレットがありメモの取り方も多様ですが

 

自分の字でノートや手帳に書き留めておく方が、より意識して作業に取り組めるので個人的には良いかと思います。

 

ビジネス初期の頃は荒削りでもいいから進める

今もそうですが、ビジネスを始めた初期の頃はとにかくやる事が多いです。

 

サラリーマンであれば、経営者が作ったビジネスモデルが既に確立されていますので

 

それに乗っかっていれば良いです。表現に語弊があるかもしれませんが

 

決まった事を忠実にこなしておけばサラリーを受け取れます。

 

しかし自分で起業した際は当然ながら、全ての事を自身で作り上げていかなくてはなりません。

 

ビジネスモデルはどうするのか?収益を得る為にはどうするのか?オフィスは構えるのか?

 

起業する時の資金面はどうするのか?チームか個人かどちらでやるのか?などなど

 

起業するにあたっては多くの事を自分で決断し行動していく必要があります。

 

ひとつずつスムーズかつ良い方向で進めば理想的ですが、始めからそんなに簡単にはいきません。

 

しかし、少しの事でいちいち行き詰って進む事が出来なければ、成功へはほど遠いです。

 

ビジネスは失敗したらやり直しの繰り返しですし、停滞することより一歩でも前進していれば、長期的に見たら成功に近づいていると言えると思います。

 

ゆえに、起業初期の頃はとにかく行動し前進あるのみです。

 

気が付いた時には記事が増えている

ブログを始めて感じ分かったことですが、最初の頃は10記事到達するまですら長い道のりでした。

 

多くのネットビジネス成功者も言われていましたが、100記事からがスタートと言われています。

 

初めてその数字を聞いた時は100記事かー・・・長い道のりです。

 

果たしてそこへ到達できるのか。やる前から意気消沈していました。

 

自分の作業段取りや考え方が整っていなく記事が全く書けない日、作業すら行えなかった日などもありました。

 

まだまだ記事量も少ないですが、何とか継続はしています。

 

先日記事数を確認したところ、気が付いたら60記事を超えました。

 

継続してこなかったら、10、20記事で終わってしまっていたかもしれません。

 

直近目標の100記事まで折り返しは過ぎたので、今後も継続して取組んで行きます。

 

今日の終わりに

継続してみて分かった事ですが、何事もやってみなくては分からないことだらけです。

 

昨日良かったと思える事が、明日にはまた違う視点になることも多々ありますし

 

時には自分を客観視して見る時間も必要だと思います。

 

人間なので、毎日最高のパフォーマンスを出せるということも難しいとは思いますが

 

停滞している時ほど、最低限のパフォーマンスを出せる準備もとても重要だと思います。

 

その為には、日々の鍛錬と自分との約束を守る精神力も問われてきます。

 

今日の記事でもお伝えしましたが、ビジネス初期の頃はとにかく前進あるのみで

 

作業量を重視して毎日の”習慣”になるまで落とし込むことが必要ですが

 

ある程度のところまで来たら、考え方や取り組み方も再考していかないといけません。

 

何故ならば、満足してしまえばその時点で成長は望めないからです。

 

今日お伝えした事のほんの一部でも、あなたの一助になっていれればとても嬉しいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。それでは。