嫌いな人と無理してつき合わなくていいんです

 

人間関係の中では合う合わない。好き嫌いなど当然人同士ですので

 

 

これらの事は必然とありますし、集団生活や組織に属していれば尚更

 

 

悩みのひとつでもありますよね。

 

 

合わない人や嫌いな人と付き合うと以下の事が懸念されます。

 

 

・価値観が違うのでそもそも合わない

 

 

・相手が自分のことしか考えていなく、協調性がなく合わない

 

 

・意見の相違がある場合に、内容によってはケンカになる恐れがある

 

 

・一緒にいても楽しくないし、良い気分でない

 

 

では、それぞれにこれらをまとめてみました。

 

 

価値観が違うのでそもそも合わない

 

 

例えば、誰々の音楽が好きであの曲のあの歌詞がとても共感できた

 

 

あの映画のあのシーンで思わずグッときた

 

 

あの著名な人の考え方、行動、たたずまい、言葉の伝え方が共感できた

 

 

あの人の着ている服装や髪型のセンスに目が止まり、真似したくなった

 

 

などなど、挙げてみるとキリがないのでこの辺りにしますね。

 

 

これらのように、直感的に人に入ってくる部分において共感が出来る相手であれば

 

 

会話も弾みますし、お互いが”いいな”と思えているので一緒にいても楽しいですよね。

 

 

 

 

逆にこれらの価値観が真逆であれば、これらの話題に限っては話すこともありませんし

 

 

中には、お互いにこれらの認識が薄ければ

 

 

あっ!そういえば○○さんは○○が好きでなかったなとか思い出して

 

 

あえて話題にすることもありません。

 

 

一概には言えませんが、これらの日常での嗜好な部分で合わない人とは

 

 

多くの事が合わない事が多いのかもしれません。

 

 

相手が自分のことしか考えていなく、協調性がなく合わない

 

 

相手に対して思いやりの気持ちがあり

 

 

物事を主体的に行動をされる方とは一緒にいて心地よいですし

 

 

こころから尊敬に値すると思います。

 

 

机上や口先だけで立派な事をいう人はごまんといますが

 

 

実際に行動を起こす人はほんの一握りだと感じます。

 

 

多くの人は、以下のようなマインドであることが大半です。

 

 

そのうち誰かが言い出すだろう

 

 

言い出したことに乗っかってればいい

 

 

何か行動を起こすことで責任を取りたくない

 

 

自分の事だけやってればそれでいい

 

 

何事も面倒なことには巻き込まれたくない

 

 

基本的に行動を起こさない人達は、自分で責任を負う事を極度に拒絶しますし

 

 

すぐさまに同調する人達の意見に乗っかかろうとします。

 

 

そして、人の気持ちも考えずに感情のまま好き勝手に

 

 

自分の都合で言いたい事を言ってきます。

 

 

人がイヤがる事を進んで取組み、多くの苦労をしている人がいるのにも関わらず

 

 

何もしない人に限って、いっちょがみして好き放題言ってくる事は事実多いですね。

 

 

 

 

よって、主体的に動く人と何もしない人が根本的に合う訳がありませんね。

 

 

意見の相違がある場合に、内容によってはケンカになる恐れがある

 

 

人間同士ですので、意見の相違なんて日常茶飯事ですよね。

 

 

それはそれでごく自然なことではありますが、相手が短気であったり高圧的であれば

 

 

場合によっては、ケンカになる恐れもありますね。

 

 

 

 

こういった場面に遭遇すると少々やっかいではありますが

 

 

そもそも意見の相違がある時点でその相手とは"合わない"というのも事実であります。

 

 

一緒にいても楽しくないし、良い気分でない

 

 

誰もが人と一緒にすごすのなら我慢したり、惰性で付き合うより

 

 

仲良くて、楽しく過ごしたいものですね。

 

 

合わない人や、嫌いな人とは出来ることなら一緒にいたくないものですね。

 

 

だって、ただただ時間を浪費して

 

 

お互いにとって、プラスになることなんてないのですから

 

 

いっその事、これ以上一緒にいることを辞めるのいいのかもしれません。

 

 

そもそも、合わない人や嫌いな人との付き合いです。

 

 

ある意味、お互いが心の中で意識し合う関係ですので

 

 

ふとした時に、無意識で態度や言動に表われてしまいがちですね。

 

 

こればかりは、態度や言動に出すなと言われても無理があるのかもしれないですね。

 

 

よって、一緒にいても楽しいはずがありませんね。

 

 

 

 

いかがだったでしょうか。合わない人や嫌いな人とは

 

 

無理に仲良くしたり合わせる必要なんて1ミリもないと感じます。

 

 

そもそも、合わない人とはエネルギー感が合わないのですから

 

 

それを無理に合わせにいくなんてことをしたら、異常に疲れるものです。

 

 

個人差はあると思いますが

 

 

10人いたとしたら、気が合う人はそのうちの1人か2人いれば良いかなと思うくらい

 

 

自分の中でマインドセットしていると、精神衛生上良いのかもしれないです。

 

 

これらを自分なりに実践すると案外、生きるのが楽になります。

 

 

人間関係で悩んでいる人は、大概これが出来ずにストレスをためてしまっています。

 

 

何かにとらわれたかのように、いい人であることを続ける必要なんてありませんし

 

 

むしろ、ある一定層に限っては人嫌いになってもいいと感じます。

 

 

最後になりますが

 

 

合わない、嫌いな人とは単純に距離をとって関わらないようにすればいいだけです。

 

 

人間関係は、人生において大きな影響力を持っていますので

 

 

誰とどのように付き合うかは、自分でコントロールして行く必要がありますし

 

 

受け身ばかりの人間関係では、自分自身の幸福度を放棄しているようなものです。

 

 

よって、人間関係の主導権を自分で取り戻していく事に力を注いでみるのも

 

 

後々のご自身人の生において幸福度アップの一助になるのかもしれませんね。

 

 

今日も最後まで読み進めて下さりありがとうございました。それでは。