リアルでもネットでも信頼を得ることが成功へのカギ

 

ビジネスでも人間関係でも一番大切なのは信頼関係です。

 

 

では、なぜ信頼関係が大切なのか。今日はそこにフォーカスしてお話して行きます。

 

 

私は、今技術系のサラリーマンをしています。

 

 

普段の仕事から感じることですが、つくづく信頼関係に勝るものはないと感じます。

 

 

実際に経験したことですが

 

 

いつもお世話になっているお客様とこんなやりとりがありました。

 

 

今度、新しい案件を社内で検討しているのですが

 

 

基本的には、これらの案件は○○さんにお願いしたいと考えています。

 

 

他から提案を受けるつもりもないし、相見積も取るつもりないから

 

 

一度、この新規案件について検討してみてくれませんか?

 

 

ありがたいことに、お客様の取引先には同業他社の存在があるのですが

 

 

その、同業他社に新規案件を話すことも無く

 

 

このように特命で指名していただけることとなりました。

 

 

その後時間を空けることなく、提案書と見積書を提出させていただきました。

 

 

それから、2,3日後には価格交渉もされることも無く

 

 

無事に受注への運びとなったのでありました。

 

 

手前味噌ですが、まがいなりにも普段からお客様との信頼関係が築けているので

 

 

特命で指名していただき、結果受注できたものと感じています。

 

 

ここまでのやりとりだけを見ていると、何だただの自慢話か!

 

 

こんな意見もありそうですね。ですが決してそんな気持ちはありませんよ。

 

 

ここからは、このお客様と信頼関係を築けて行った経緯もお話しますね。

 

 

興味がある方はこのまま読み進めて下さいね。

 

 

私も、このお客様と決して始めから信頼関係があった訳ではありません。

 

 

元々、このお客様は私の会社と長い取引関係ではありましたが

 

 

年間の売上を見てみても、微々たるものでしたし

 

 

下手したら、年間売上がゼロなんて年もありました。

 

 

たまの連絡を受けても雑用程度の案件で、正直なところ行くのも億劫でした。

 

 

 

 

ところが転機は突然に訪れました。

 

 

今まででは、到底有り得ないくらい大きな案件を検討されており

 

 

その案件の打ち合わせに急遽呼んでいただけることとなりました。

 

 

当時は別に同業他社の存在が有り、お客様の案件はその会社が担っていました。

 

 

ここで私はこう考えました。

 

 

このチャンスを生かして受注出来れば、今後の流れも掴めるのではないか

 

 

まずはスピード感が肝心と感じましたし、金額面でも始めは欲を全面に出すことなく

 

 

取引一の歩を掴むことが重要と感じましたので、お客様にお得感を感じてもらうため

 

 

始めはやや抑えて、提案書と見積書を早急に作成し提出しました。

 

 

 

 

それからしばらくして、お客様さまから連絡をいただきまして

 

 

今回の案件は○○さんにお願いします。

 

 

相見積にはしましたが、○○さんからのレスが一番早かったのと

 

 

金額に関しても満足いく内容でしたので決めました。

 

 

このように言っていただき、無事に受注することが出来ました。

 

 

 

 

その後、お客様が他社とのやりとりを教えて下さいました。

 

 

他社にはお客様と長年の付き合いの中で、やや傲慢になっていたのか

 

 

レスはいつまでも帰ってこないし、やっと出てきた提出書と見積書も

 

 

逆に、お客様側から断りを入れて欲しいのかなと思うくらいひどい内容だったようです。

 

 

 

 

お客様に詳細のいきさつを話していただき、このような経緯があった為

 

 

私の会社へと案件依頼して下さることとなりました。

 

 

その後はこの案件がきっかけとなり、継続的に案件の依頼をいただける様になりました。

 

 

信頼関係というのは、決して短期間で築けるものではありません。

 

 

ちまたでは、短期間で信頼を得るの簡単です。そのテクニックを解説します

 

 

ネットを始め、世の中にはこのような言い回しやフレーズが錯綜していますが

 

 

私は、一過性の薄っぺらい人間を築くことを目的としていませんので

 

 

こういった類の言い回しは、そもそも信用していません。

 

 

よく考えてみて下さい。

 

 

初対面やいかにも経験が浅そうな人から、案件や商品の提案を受けたところで

 

 

あなたなら、すぐ受け入れることはありますか?

 

 

100歩譲ったところでも、話を聞く程度ですぐに自分の財布からお金を取り出す事は

 

 

恐らくないですよね。

 

 

 

 

信頼関係を築くまでは、それなりに時間と労力がかかるものです。

 

 

コツコツと継続的に、そして謙虚な気持ちを持ち続ければ

 

 

人は心を少しずつ開いて下さります。

 

 

そうすることで、少しずつ信頼関係を築いていくことで

 

 

あなた自身に価値が生まれます。価値が生まれるとそこからは早いです。

 

 

お客様とあなたは強固な信頼関係がありますので

 

 

あなた自身の提案や言葉に価値を感じて下さっています。

 

 

つまり、お客様は商品にお金を払うのでは無く

 

 

価値に対してお金という対価を支払うのですね。

 

 

金よりも大事なものに評判というものがある。

 

世間で大仕事をなすのにこれほど大事なものはない。

 

金なんぞは、評判のあるところに自然と集まってくるさ。

 

by 坂本 龍馬

 

 

ここまでは、リアルビジネスにおいての信頼関係の重要性についてお話しましたが

 

 

じゃあ、ネットではどうなのか。結論からいいますと考え方は同じです。

 

 

昨今は、インターネットが普及したおかげでパソコン1台あればお金を稼げる時代です。

 

 

よくYouTubeでの再生回数が何万、何百万再生があって

 

 

それに伴って大きな収益があってと聞きますよね。

 

 

ではなぜ、視聴者さんはその何万、何百万再生しているページを閲覧するのでしょうか?

 

 

ここまで思慮深く、この記事を読み進めて下さったあなたならもうお分かりですよね。

 

 

そうです。

 

 

そのページに何かしら信頼の気持ちが生まれ価値を感じているからなのです。

 

 

その結果といいますと、その先はもうお分かりだと思いますので割愛しますね。

 

 

信頼関係とは築き上げるまでは、数々の苦労や多くの時間がかかるものでありますが

 

 

築き上げた先には、お金以上のパワーがある価値に変化して行きます。

 

 

この過程を出来るだけ、気持ちにゆとりを持って取組んで行きたいものですね。

 

 

それを継続した先に、あなたと私が望んでいる成功へカギとなるかもしれませんね。

 

 

今日も最後まで読んで下さり、ありがとうございます。またあいましょう!それでは。