やりたくない仕事はさっさと辞めてやりたい事で一気に稼ぐ

 

この世の中はお金があればよりよく楽しむことが出来ます。

 

 

逆にお金がないと楽しめないように出来ています。

 

 

それもあってなのか、多くの人は安定を求めます。

 

 

毎日会社にさえ行っておけば、毎月決まった日に給料を貰うことができます。

 

 

その給料がたとえ1ヶ月をやり過ごすくらいしか貰えなくても

 

 

これこそが安定、もしくはみんなそうだからと妥協しても納得できるのなら

 

 

精神的、金銭的にも会社員や公務員がその方達には適職なのかもしれませんね。

 

 

 

 

日本のサラリーマンの平均月収は30〜40万円程です。

 

 

1ヶ月にこのくらいの収入があれば、安定した生活は送れますし

 

 

勤続年数を重ねると社会的信用も得られて

 

 

銀行や国庫から3000〜4000万円程の融資も受けることができます。

 

 

そして、夢のマイホームというのも手に入れる事も出来ます。

 

 

ただ、この社会的信用で得た多額のローンという負債を払う為に

 

 

数十年、同じ景色で過ごすことが義務付けられます。

 

 

 

 

長い長いローン返済が終わる頃には、多くの人が定年を迎えます。

 

 

ローン返済から解放されて、好きなことをして生きて行こうと思っても

 

 

金銭的、体力的な事情も出て来て選択肢が限定されてしまいます。

 

 

結果、借金返済だけの為に貴重な自分の人生の時間を会社へ捧げて

 

 

気がついた時には65歳なんて悲しすぎませんか?

 

 

 

 

何か始めるのに年齢は関係ないとはいいますが

 

 

若くして始めるのと年を取ってから始めるとでは

 

 

体力的、精神的にどちらが優位かはもう説明するまでもないですね。

 

 

考えてもみて下さい。

 

 

重くのしかかった住宅ローンという名の負債返済の為に

 

 

毎日、毎日、惰性で会社へ行き、特にやりたくもない仕事を淡々とこなし

 

 

時には、多くの人の都合ばかり優先し、自分を犠牲にして・・・

 

 

給料アップの為に資格勉強に貴重な自分の時間を注いでも

 

 

僅か5000〜10000円程の昇給で、年度換算しても10万円前後です。

 

 

 

 

”イヤイヤこれでいいみんなそうだから” ”まわりはみんなそうしている”

 

 

こんな声も聞こえてきますが、これもひとつ考え方ですので否定はしません。

 

 

ただ、同時に数十年先も自身の見える景色は

 

 

月収30〜40万という範囲でしか見ることが出来ないのも事実です。

 

 

 

 

何でもそうですが、どうせやるなら楽しくやりたいものです。

 

 

イヤイヤ生活の為に仕事するのと、この仕事をするのが楽しいからやっている。

 

 

この対照的な働き方では、必然と生み出すエネルギーも結果も大きく違ってきます。

 

 

あなたならどちらの自分になりたいですか?考えるまでもなく後者の方ですよね。

 

 

この先あなたが、今の仕事を続けるのがイヤになったり、雇われの働き方を辞めよう

 

 

このように決意したのならば、どうしたらいいのか。

 

 

まずは、あなた自身が何に興味があるのか。これを見つけることです。

 

 

興味があることが見つかったのなら、以下の事に注目して下さい。

 

 

その事があなたの心を動かしたかこれがとても重要です。

 

 

そして、ドキドキしたり、ワクワクしてきたかということも同様に重要です。

 

 

これらが当てはまるのなら、本当にやりたい事と思って良いでしょう。

 

 

物事の成否を分ける要素として

 

 

やらなければならないとやりたいこの違いは絶対的で

 

 

”こうなりたい、こうなれれば嬉しい”と目標の持ち方を意識して変えると

 

 

成果はおのずと上がるものです。

 

 

すばらしい仕事をする唯一の方法は、自分のやっていることを好きになることだ。

 

まだそれを見つけていないのなら、探し続けなければいけない。

 

安住してはいけない。心の問題のすべてがそうであるように

 

答えを見つけたときには、自然とわかるはずだ。

 

by スティーブ・ジョブズ

 

 

P S
好きこそ物の上手になれとは良く言ったものです。

 

 

自分の好きなことであれば、時間を忘れて夢中になり自然と上達しますよね。

 

 

自分には向いてない、自分には出来ない、自分には時間が無い、リスクをかけたくない

 

 

こうして自分にブレーキをかけてしまうのは、あまりにもったいないと思います。

 

 

物事を難しくしているのはいつも自分です。

 

 

この際、自分の好きな事で人生をガラリと変えてみるのもいいのかもしれません。

 

 

今日も最後まで読んで下さりありがとうございました。